著書

単著

第1歌集『北二十二条西七丁目』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1553178165-1.png

1998年から2012年まで、21歳から35歳までの371首を収めた第1歌集です。歌集のタイトルは、大学時代の4年間住んでいた札幌の住所から取りました。第13回歌壇賞受賞作を収録しています。

第19回日本歌人クラブ新人賞受賞第4回神奈川県歌人会第一歌集賞を受賞!

【よく引用される作品】
・俺は詩人だバカヤローと怒鳴つて社を出でて行くことを夢想す
・サラリーマン向きではないと思ひをりみーんな思ひをり赤い月見て
・この街にもつと横断歩道あれ此岸に満つるかなしみのため
・カウンターの隣は何を待つ人ぞわれは春雨定食を待つ
・マークシートの円をわづかにはみ出して木星の輪のやうなさみしさ

出版社:本阿弥書店
発行日:2012年7月14日(初版)、2013年6月24日(2刷)
跋:三枝昻之
装幀:松岡史恵

版元品切れのため、著者の手元にある在庫をamazonのマーケットプレイスに出品しています。新品未読品です。

この歌集についての批評、感想等のまとめは こちら です。

『歌人の行きつけ』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1559134131.png

歌人ゆかりの居酒屋や喫茶店、温泉宿を実際に訪れ、歌人たちの交流やエピソードを綴ったエッセイ集です。「うた新聞」で3年間にわたって連載した記事に加え、秋葉四郎さん、久々湊盈子さんとの対談も収録しています。

amazon売れ筋ランキング「歌集関連カテゴリー」第1位!(2019.2.24時点)
「散歩の達人」2019.6の書評欄「今月のサンポマスター本」に掲載
・私が選者を務めたEテレ2021年度「NHK短歌」の番組内のコーナー「歌人、この一軒」は本書が原作です!

【主な収録歌人】
斎藤茂吉、吉野秀雄、佐藤佐太郎、宮柊二、山崎方代、塚本邦雄、玉城徹、寺山修司、小中英之、春日井建、福島泰樹、仙波龍英、谷岡亜紀、俵万智など(敬称略)

出版社:いりの舎
発行日:2018年12月25日
装幀・イラスト:久下沼朱紗

本書についての批評、感想等のまとめは こちら です。

第2歌集『昼の月』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1626087895.png

2012年から2020年まで、35歳から43歳までの337首を収めた第2歌集です。

【自選5首】
・サラリーマンは太鼓持ちではないけれどときをり持ちて叩くことあり
・職場から酒場へ向かふ 西部劇のころがる草のやうな気持ちで
・みちのくの田酒でんしゆのうすき黄を愛でてわれが<わ>と<れ>にほぐれゆきたり
・リビングとベッドの間にラーメン屋なくて小さなどん兵衛ひとつ
・テーブルでMacの画面ひらくとき妻のMacの背と触れ合ひぬ

出版社:いりの舎
発行日:2021年6月22日
装幀:片岡忠彦

この歌集についての批評、感想等のまとめは こちら です。

共著

幻戯書房編『トリビュート百人一首』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1553178278.png

26人の現代歌人が百人一首の歌を現代短歌に新訳。本歌と新訳についてのエッセイも収録されています。
私は文屋康秀、大江千里、菅家、三条右大臣の歌を担当しています。平安の和歌と平成の現代短歌を同時に味わえる一冊です。

2019年3月の神奈川県立高校入学試験(定通分割選抜)の国語の問題に、本書に掲載されている私の文章が採用されました!

参加歌人は、岡井 隆、高島 裕、佐伯裕子、望月裕二郎、石川美南、今橋 愛、田村 元、加藤治郎、内山晶太、沖ななも、佐藤弓生、大松達知、光森裕樹、栗木京子、米川千嘉子、仲井真理子、雪舟えま、黒瀬珂瀾、永井 祐、川野里子、山田 航、荻原裕幸、今野寿美、東 直子、尾崎左永子、馬場あき子です。

出版社:幻戯書房
発行日:2015年3月3日
装幀・本文デザイン:緒方修一
カバー装画:苗村さとみ

三枝昻之編著『今さら聞けない短歌のツボ100』

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1542209442.png

「短歌と和歌はどう違う?」など、短歌の基本をQ &A方式で学べる入門書です。主要論点の再確認にも使えますので、初心者の方でなくても活用できる一冊になっています。
私は「比喩」と「題詠」についての疑問に答えています。kindle版もあります。

出版社:角川学芸出版
発行日:2012年2月25日
ブックデザイン:片岡忠彦

タイトルとURLをコピーしました